星野源の新曲「FamilySong」を聴いて感じたこと

 

ANNの曲解説を聴いた。

 

言葉とか歌詞の重みというのか。

それによって作り出される詞の世界を、

とても狭い範囲の人達に向けた歌にしたくなかったというのがなんだかとても理解出来たし、

実際に家庭を築いている人だけでなく、全ての人に寄り添おうとする曲を

こうして作ってしまった所に、星野源という人の凄さを改めて感じさせられた。

 

私は自分でも面倒くさいと自覚しているが、

特定の言葉や言い回しにとても敏感になってしまうことがある。

どんな音楽家さんも心血注いで作詞しているのだろうけれど、

私の中でどうしても薄っぺらに聞こえてしまう言葉があるのだ。

 

私は人に話す時も手紙など書く時も、同じような意味合いでも敢えて使わない言い回しがある。

軽々しく口にしたくない重みを含んだ言葉がある。

 

もちろん曲が心地良いとか、そこまで深く考えなくても聴ける曲もあるので、

全ての音楽家さんの曲をそんな風に重たい気持ちで聴いている訳ではないのだけれど。

 

彼の音楽に関しては、曲や歌詞へのこだわりをラジオやインタビューなどで少し知れてからは

もっともっとちゃんと聴きたいと思うようになった。

紡がれる言葉に乗せられた想いは受け止めたいなぁと。

 

星野源という人の音楽をちゃんと聴くようになって、どんどんハマって行くにつれて気がついたのは、

私が苦手とする言葉や言い回しがあまり使われていないことだった。

それに気づいてからは、より一層彼の書く詞に興味を持つようになった。

 

手前味噌になるから曲の解説は苦手だと彼は言っていたが、

本人の口から語られる詞への想いや作曲の際のイメージなどのおかげで

尚一層その歌が近くに感じられている気がするのだ。

 

 

新曲のタイトルがFamilySongでドラマ主題歌。

依頼されたイメージなどの細かな条件があったはずだ。

『恋』に続くシングルが家族の歌。

前2作のヒット曲に続く新曲と言う事で注目度も高い。

聴くまで楽しみだった反面、もしかしたら本人の意思に反して商業的な音楽に成らざるを得ないのかも

という不安も少し過ぎっていた私。

 

初めて聴いた時、そんな不安はいらなかったと安堵した。

 

流れ出すイントロに誘われた。

聴こえてくるファルセットが優しかった。

祈りの歌、まるで聖歌のようだと思った。

自分の為ではなく、誰かの為に祈りを捧げる歌だと。

 

私の中にあった

FamilySong=家族の歌

ありがちなステレオタイプな家族の歌かもしれない

という不安なんて、一瞬で消え失せた。

 

このタイトルのFamilyとは、友でも職場の仲間でも、もちろん実際の家族でもいい、

何らかの形で繋がりのある誰かだ。

そんな大切な誰かの幸せを、心から祈る歌。

悲しみにそっと寄り添い、手を差し出してくれるような歌。

 

きっと、誰もが一度は誰かを想って祈った事があるはずだ。

 

それを思い出させてくれることで、聴く人へ励ましをくれる気がした。

2017/05/22 星野源ツアーcontinues @マリンメッセ福岡 2日目のライブレポのようなもの

2017/05/22 星野源ツアーcontinues @マリンメッセ福岡

2日目に参戦してきました。個人的な記録用としてのレポのようなもの。

 

 

 

中に入るとセンターステージが!

私の座席からは30メートルほどの距離にあり、期待が膨らむ。

 

会場内にはスモークがたかれており、ステージ上がぼんやりと見える。

 

薄青い照明の手前に、楽器たちが並んでいるのが見える。

左手より、譜面台と椅子が3組、エレピ、ドラムセット、譜面台、エレピ、譜面台と椅子4組

 

ん?マリンバが見えない?今回は源くんマリンバ演奏しないのかなぁと話しながら待っていると

いよいよ開演時間に。

 

~7時ちょうど開演アナウンス~

 

照明の色が変化し、声優大塚昭夫さんと宮野守さんの掛け合いが始まる。

大塚さんが歌謡曲先輩、宮野さんはJ-POP。

遠くから歓声が聞こえる。星野源のコンサートが行われている。

そこへ二人が訪れるところから始まる。

 

照明が一転

曲が始まる!

まさかのステージ下方からせり上がってくる源くん!マリンバを演奏しながら!

 

一曲目は Fire cracker byマーチン・デニー

 

インスト曲のカバーを演奏!源くんのマリンバを演奏する手元に釘付けに。

 

大歓声の中ライブが始まった。

左右に大きなモニターがあるので、表情や手元などもばっちり見える。

 

盛り上がった会場、曲が終わると

「こんばんわーーー!星野源でーす!」のいつもの挨拶。

 

星野源という人がいた!幻じゃなかった!第一印象は本当にそれ。

 

セットリスト

 

1.Firecracker by martin denny

2.化物

 

1.2曲目はマリンバ源くん!

マリンバ源くんを、こんなにたっぷり堪能できるなんて!!!

曲も最高、バンドアレンジもかっこいい!!!

一曲目からやってくれるなーーー!!!

 

連れが化物が好きなので、隣でテンションあがってるのが伝わってくる!

 

この後ちょっとMC

いろんな曲があるんですけど、桜のつく曲を歌います

といってからの桜の森へ

 

3.桜の森

4.Night Troop

この2曲、シングルCDの流れをそのままで

聴いていて心地よかった。

 

この曲の時の亮ちゃんの演奏がエロい。

源くんとアイコンタクトしてて、たまらない。

 

感想でちょこっと楽器のソロ。

 

5.雨音

4.5の流れも個人的に好き。

そして雨音の伊賀さんのベースのフレーズがところどころエロくて。

音源どおりでない、ライブ特有の感じ。これですよ、これ。

ライブの醍醐味。

 

MC

MVTを発売したことなど。

このツアータイトル、continuesと銘打った意味を語ってくれた。

自分のルーツである細野さんから知った

Fire crackerで始まり、曲構成もcontinuesの通り、続いていくような流れになっています。

次はMVTに入っている3曲をその順番どおりに歌います、といって次の3曲へ。

 

6.くだらないの中に

7.フィルム

8.夢の外へ

 

アーティストからのお祝いメッセージ

(ザ・バカリズムロバート秋山扮する「都」か「区」かアーティスト、

J太郎(バナナマン扮する海外で活躍するアーティスト)

御三方とも面白かったけど、一番はやっぱりJ太郎!

源くんは元メンバーという設定(笑)源太郎という名前だったそう(笑)

さいごに、源太郎も好きだったネタをと『じゃんけん太郎』

音楽に合わせてじゃんけんするんだけど、赤フン一丁のヒム太郎に勝てば幸運なんだとか。

このじゃんけん、どこで手を出すかのタイミングがまったくわからない(笑)

 

何回かやったけど、結局最後までタイミングがわからない。お腹抱えて笑った。

その後センターステージへ移動。

 

センターステージより

 

ステージが回転し下手を向く

久しぶりに15年ほど昔作った歌を歌います

 

9.穴を掘る(下手を向いて)

この時、私の方からは源くんの後ろ姿しか見えない。

でもね、後ろ姿を見ながら聴くなんてこと、なかなか無いよ!

うなじに釘付けでした。背中もお尻も素敵♪でも今日はうなじと首筋ばかり見ておりました。

 

ステージがまた回転し上手を向く

こっち向いたーーー!と隣の方と盛り上がる(笑)

肉眼で見えるよ。汗も見えるよ!

 

回転が止まったら上手に向かって「おげんさんよぉ~」

歓声が上がる。にこにこ笑う源くん。

すみません、何度萌え死んだらいいのでしょうか・・・。

 

福岡出身のバンド、ナンバーガールの事を話して

透明少女のくだりも、向井さんがいつもしていたこと等

 

ツアーで何本も回るから、もう話すネタがないと言いながら(笑)

グッズスタッフの女の子のお話を。

星野源のグッズに本物のTENGAを作りたい!と言われたそうで(笑)

星野源TENGA(笑)

いやいや、それはちょっと・・・ということになったと。

で、例のごとく

「そんなあの子は、透明少女」の一言で曲が始まる。

 

10.透明少女 [NUMBER GIRL](上手を向いて)

 

透明少女、ひとりエッジとか2012年の野音で歌っている映像は見たことがあって。

それは終始同じテンポで、ゆっくりと弾き語ってくれる感じだったのに対し、

今回は出だしはいつもと同じく、ギターをつまびいて優しく歌いだしたけれど、

後半、ぐわーっとロックっぽく元曲に近い感じで盛り上げてきて

個人的には好きなアレンジ。いい!

 

こっちのアレンジが好きです、私。

ステージが回転し、正面を向いて

 

11.くせのうた

私の位置からは、幸運なことに肉眼で見える距離で

ギターをかきならす手元も、歌う姿もしっかり見せてもらいました。

源くんのギターの音色がほんとうに優しくて、そっと優しく寄り添ってくれる感じがして

そこに乗る源くんの歌声がまた優しくて。

1万2千人の観客がいても、ひとりひとりにそっと寄り添う音を奏でる人なんだなぁと。

そういうところに惹かれるのだなぁと、しみじみと聴き入っていた。

 

 

MC

曲が終わると、スタッフにギターを手渡してハンドマイク。

『今までもずっと踊ってくれていたと思うけど、

ここからの曲はもっと踊って下さい。

最初のFire crackerもそうなんですが、今回は好きなことをやりたいなと思っていて

いつかはライブで演奏したいと思っていた曲を今回はすることにしました。

で、次の曲も大好きな曲でやってみたかった曲です。

インスト曲なのですが、是非是非みなさん自分の好きなように踊ってください。』

 

ミラーボールが下がってくる

 

12.Mad Pierrot [YMO]

この曲の演奏中に、源くんはステージへと移動

ELEVEN PLAYさんが踊るなか、終盤で源くんもステージ上へ。一緒に踊る。

 

この流れのまま

13.時よ

会場内踊る!踊る!踊らずにはいられない!

 

久しぶりの曲をやりますと言って

14.ギャグ

私の誕生日に娘からCDを贈られて、ますます好きになったこの曲。

生で聴けてうれしかったなぁ。

 

ここからは怒涛のダンスナンバーが続く!!!

 

15.SUN

歓声が増す!熱気がすごい。

 

「去年から言っていますが去年一番よく歌った歌です!」

より一層の大歓声があがる。

16.恋

もはや言うことないです。右も左も上も踊っているのが客席でもよくわかる。

あのイントロを聴くと、やはりアドレナリン放出されちゃうよね・・・もちろん私も。

銀テープ飛ぶ!

 

7.Week End

もう1万2千人収容のどでかいダンスホールと化した会場。

楽しい!楽しい!楽しい!!

 

18.Continues

星野源コンサート、次で最後の曲です!」「えーーーーーーーー!」

「予想以上に大きな声なので、一回でいいかな(笑)」

 

「でも、みなさんにお知らせがあります。

星野源コンサート・・・なんと・・・アンコールがあります!!(笑)」

「しかも、ぼくの友人が出てきて2曲歌います。

僕はその間、控室で任天堂スイッチでゼルダやってますので(笑)

その後でぼくがもう1曲歌いますから」

 

このやりとり、潔くていいですね。

 

~アンコール~

再びの歌謡曲先輩とJ-POPの会話

そこにイエローミュージック(寺ちゃん)が加わる

 

そして寺ちゃんの口上でニセさんを紹介

 

君は薔薇より美しいのイントロが流れる中、

小さいニセさん人形がステージからバルーンに吊られてセンターステージへ

黒幕に覆われた中に降り立つ小さいニセさん人形

黒幕が取り払われた中から

本物のニセ明登場!

髪の毛先に少しパーマかかってる!

 

ありがとう、センターステージで歌ってくれて(涙)

ニセさん、見えるよあなたの姿が!

白いジャケットのニセさん。素敵。

パーマの毛先を気にしながら歌うニセさん。

 

19.君は薔薇より美しい

曲の終盤、再び黒幕でセンターステージが覆われ

再び小さいニセさん人形がバルーンに吊られてステージへ戻る

最後はダンス対決は無く、普通に終了。

もう一曲歌います!と

20.Drinking Dance

 

ニセさんが退場。

最後の挨拶が「ありがとうございました!星野源でした!」だった気が・・・あれ?

 

最後

 

寺ちゃんの口上

 

21.FriendShip

 

演奏を終えたバンドメンバー全員がステージに並ぶ。

中央に源くん。

バンドとスタッフへのねぎらいの言葉を掛けて、ライブは終了。

3時間たっぷりでした。

 

どの辺りで言っていたかは不明

MCの時に、源くんの右のイヤモニが外れていて

片手で探りながら喋っていたんだけど、結局

『イヤモニどっかいっちゃった♡』って

完全に最後に♡が付いているような言い方で!

はい、萌え死にました(笑)

 

その直後、スタッフさんが走ってきて首の中に入り込んだイヤモニを取ってくれました。

 

それと、終盤で上手スタッフにアイコンタクト送って

にっこりしながらイヤモニを指さし、くるくると指を回して上をさしておりました。

音量上げて!のサインなのかな?

そういう仕草も、源くん特有の感じ。

(ちょっとキツめに指示しちゃうバンドマンもいるんですよー。人柄がふとした時に出るなぁと。)

 

あともう一つ。

「このバンドメンバーとスタッフで9月まで行きますのでよろしくお願いします!」

と後ろや上手下手に頭を下げる源くん。会場からは大拍手。

 

ん???ちょっと待って?よくよく考えると・・・9月?

今発表されているツアーは8月まで。

追加公演あるかもしれないなぁ(笑)

源くん、ポロリしちゃったのかしら(笑)

 

書いていたらこんなに長くなってしまった。

 

よくよく考えると、私はバンドのライブに足を運ぶことが多く

ソロの音楽家さんのライブ、しかもアリーナクラスは久しぶりで。

 

源くんは、CDなどもそうだけれど

バンドの音、ライブ全体の作りこみ方、曲構成などへの

並々ならぬこだわりが感じられたライブでした。

なんというか・・・完璧に近い。

完成された美しい作品を見せてもらった感じのする演奏でした。

プロって素晴らしい。

バンドの方々の演奏が素晴らしすぎるんですよね。

いい音。CD音源聴いているかのよう。

それにライブ感が加わった感じ。

 

私が今まで見てきたバンドの小さい箱のライブ

(その日のコンディションやお客さんでライブの空気感が異なったりする)とは異なり、

まさにライブショー。

 

おそらく、どのアリーナでやっても

同様かそれ以上のクオリティでライブを展開できる人なんだなぁと

なんだか圧倒されて帰ってきました。

なんというか、満足しすぎてお腹いっぱいです。

また観たいけど、今日の余韻は消したくない・・・この感じ。

 

 

キラキラした時間でした。楽しかったな。

 

3/29 人それぞれ

 

ぼんやりと感じた事を。

 

『好き』の形は人それぞれ。

 

曲を一曲しか知らなくたって

DVDCD持ってなくたって

書籍や雑誌に目を通してなくたって

ドラマを観ていなくたって

そんなのどうだっていいじゃない。

 

だって好きは人それぞれ。

重いも軽いもないんだもの。

 

みんながDVD買っているのに

初回版を買い求めているのに

私はなんて

と落ち込む事なんて無いと思うのです。 

 

 

♫みんなが嫌いなものが好きでも 

それでもいいのよ

みんなが好きなものが好きでも 

それでもいいのよ

 

共感はいらない

一つだけ大好きなものがあれば それだけで♫ 

 

 

その『好き』は自分だけのもの。

誰かのための『好き』ではないもの。

焦ることなんて無い、

自分のペースで好きでいればいいと思ったりするこの頃。